読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビスケのちょこっと日記 *英語と読書感想*

英語学習と、本・TV感想など。

うっかり……

科目-英米文学概説 雑記

うっかりしてる性格だとは思ってたけど

そこまでだとは思わなかった。

だって、何度も確認したし。気をつける

ように言われてたから、必要単位確認しまく

って、このリポート提出計画で大丈夫と思っ

てたのに。

 

いやー、参りました。

うん、結論を言うと、試験時間割ミスりまし

た。必要単位28単位を1年で全部とろうとし

てるから、試験の1~4時限目をかぶらない

ように調整しなきゃいけないんだけど、それを

ミスってたみたいで。最悪のミスです。

 






はい、この上の文章は縦読みです。

各行の最初の文字を縦読みすると、

本当の意図が現れるという。

 

横書きの文章はまったくのうそです。

行頭の一文字目をたてに読むと、

「うそだよっていうたてよみ」

となります。

お騒がせして失礼いたしましたm(_ _)m

縦読み文は、文章の内容と縦読みの内容が違えば違うほど効果があると思うので、

思いっきりありえない嘘を書こうと思って書きました。

 

で、なぜ縦読みを書いたかと言うと。

手書きリポートを書いていて、

昔、縦読み文を作っていた頃を思い出したからです。


手書きリポートって、下書きを見ながら清書用のリポート用紙に書き写すのですが、

1,2文字ずれることがあるんです。

その数文字のずれが、1行のずれになってしまうこともあり、

そうなると規定のリポート用紙10枚におさまらず、困ったことになるんですね。

 

だから、1,2文字ずれると、それ以降の表現を別の言葉に書き直して対応します。

例えば、下書きでは「先ほど」と書いていたところを

もっと短い表現にしなければならなくなったら、

「今」「先刻」「先程」という感じに変えて。

もっと長い表現にしなければならなくなったら、

「たった今」「ついさっき」という感じに。

そういう文字数の調整をしていると、

ふと昔、ガラケーのメールで縦読み文を作っていたことを思い出しました。

 

今はLINEばっかり使ってるので、

長文メッセージなんて送らなくなったけれど、

ガラケーでメールしてた頃は、

遊びのくだらない長文メールばっかり送ってました。

そんで縦読み文にハマってたという。

 

ガラケーって、横

が8文字とかで字

がぎっしり入る形

でしたよね。こん

な風に。

 

だから、縦読みを作るには、文字数を考えながら作ることになります。

縦読みの部分に漢字を使うとわかりづらいので、

なるだけ平仮名で作りたい。

そうすると、助詞を行頭に持ってきた方が自然に見えるから……

そうやって、文字数調整するの、楽しかったなぁ~。

ふと昔の自分を思い出しながら、手書きのリポート清書を頑張っております。

あれ、今日はなぜかですます調。

珍しくパソコンからブログ書いてるからかなぁ~。

 

【学習記録】

科目:英米文学概説(分冊1, 2)

時間:3時間

したこと:リポート清書


明日には郵送できそう。

来週から5通目のリポートだー。



↑よかったらクリックお願いしますm(__)m